TPE, vr ラブドール, アダルト, アダルトVR, シリコン, セックス, ダッチワイフ, ラブドール, リアルドール -

VR ラブドールを使ってアダルトVRを堪能しよう!

今話題になっている「アダルトVR」

疑似体験は出来るものの、所詮仮想現実のため、物足りなさは感じる部分が出てきます。

それをラブドールを活用する事で臨場感が出るのか?気持ちよさが倍増するのか?

実際に体験した私から言うと、臨場感が溢れ、非常に気持ちよく射精が出来る。

では、どのようにラブドールを活用したのかを解説していきます。

 

1.そもそもアダルトVRってなに?

アダルトVRは通常のアダルトと違って、視覚、感覚を通じ疑似体験ができる。

VRを視聴するには「VRゴーグル」が必要になる。

一般的にはスマホにVR専用アプリ(DMMなど)をダウンロードして「VRゴーグル」にスマホをはめ込み視聴する。もしくは「アプリ内臓型のVRゴーグル」「PSVR」「 パソコン用のVRゴーグル」で視聴する事も可能。 

 

2.ラブドールの活用方法

必要なもの

  1. ラブドール2体必要(1体でも可能)

 

視聴する前に下記の準備を行う。

  1. 1体は正常位の体勢にする。
  2. 2体目は目の前に座らせた状態にする。

 

アダルトVRの内容によるが、大概は最初本人が目の前に登場し、そこからプレイがスタートするので、「目の前に座らせた状態のラブドール」で映像とリンクするようにラブドールを触る。

そして正常位のシーンを、「正常位の体勢にしてるラブドール」場所に移動して映像とリンクするように腰を振る。

※1体しかない場合は、「目の前に座らせた状態のラブドール」を正常位の体勢にして行う。

※「騎乗位」と「バック体勢」については、映像とリンクは出来なくはないが、挿入に手間がかかるので臨場感にかける部分がある。

 

最後に

アダルトVR作品によるので、一概には言えないが、ラブドールとうまくリンクする映像であれば臨場感が増して、実際にセックスしてる感じがあるので「VRゴーグル」を持ってる人はぜひラブドールを活用してほしい。