コンテンツにスキップ
お電話でのご注文も承っております。TEL:03-3772-7353
お電話でのご注文も承っております。TEL:03-3772-7353
ラブドール

30分毎に1人購入?驚愕のラブドール市場

日本でのラブドール市場はどのくらいの規模なのかご存知でしょうか。

一部のネット記事では35億円の市場!と言われていますが、では実際のところはどうなのか。

日本人男性が持ってる人達多いの?少ないの?、年間どれくらい売れてるの?など。

そんな疑問を数年前までのラブドール市場と今現在のラブドール市場について解説してきます。

 

1.数年前までのラブドール市場

中国製ラブドールが世に出るまでは、多くの日本メーカーがシリコン製ラブドールを次々と開発して販売してきました。。ですが、シリコン製ラブドールは非常に高価で50万以上となれば、貧乏人には買えず富裕層のみが買えた時代でもありました。

 

2.今現在のラブドール市場

中国からTPE製ラブドールが発明され日本に輸入されると、シリコン製ラブドールを買えたなかった人達が、コスパの安さに飛びつきあっという間に広がり爆発的なヒットを生み出します。

その輸入された数がなんと年間2万体!

中国から空輸でどんどん日本へ輸入されているのです。

1ヶ月計算だと約1600体。1日計算にすると約53体。

そこから更に1時間単位で計算すると約2体。つまり30分毎に誰かが1体を購入していることになります。

中国から日本へ輸入されるのが約3年前からなので、単純計算すると2万体×3年=約6万体。

新国立競技場が約6万人を収容できるので、新国立競技場に入った人達が全員ラブドール所持者という計算になります。

今も尚爆発的に売れ続けているため、10万人を超えるのは時間の問題。。

もしかしたら、周りに隠れて所持している人がいるかもしれないです。

 

前の記事 ラブドール ウィッグのお手入れ方法
次の記事 絶対に買うな!ラブドール 激安の理由(ワケ)とは